軽トラックのリセールバリューってどうなの

軽トラックは、高く売れると言われる部類の車ですね!

 

そもそも軽自動車はリセールバリューが高く、高値で売れると言われています。

 

 

軽トラも軽自動車ですので、リセールバリューが良いのはわかります。

 

その前に、リセールバリューって何なの?

 

リセールバリューと言うのは簡単に言うと

 

自動車の場合ですと新車購入の価格と売却時の価格をパーセントで表した指標です。

 

例えば、新車購入価格が100万円の車が、3年後に60万円で売ることが出来る場合は、その車のリセールバリューは60%ということになります。

 

 

ですので、リセールバリューの高い車は、将来的な売却の際に高く売れるということになります。

 

 

では、話を戻しましょう!

 

軽トラのリセールバリューですね!

 

軽トラのリセールバリューはと言うと、人気車種のキャリイ、ハイゼットトラック、、アクティトラックなどのリセールバリューですね!

 

下記に、主な軽トラックの3年後、5年後、10年後のリセールバリューを当サイト独自に調べました。

 

 

車種 3年後 5年後 10年後
キャリイ 64% 49% 42%
ハイゼットトラック 66% 50% 44%
アクティトラック 64% 48% 41%
サンバートラック 62% 46% 45%

※サンバートラックは、旧モデルが人気


軽トラはなぜ、リセールバリューが高いのか

軽トラは、上記の通り、リセールバリューが高いと言えます。

 

特に10年後のリセールバリューは目を見張るものがりますね!

 

普通車のら10年落ちで30%、40%の残価率が残ることはまずないのではないでしょうか?

 

10年落ちの普通車のリセールバリューは、せいぜい10%から20%ではないでしょうか?

 

 

では、なぜ軽トラックは残価率、リセールバリューが高いのか?

 

まず、軽自動車であることが挙げられます。軽自動車は、諸経費、維持費が安く10年落ちでも比較的、中古車価格が残る車種が多いと言えます。

 

その中でも軽貨物や軽トラックは、特に高年式でも価格が残りやすく、軽トラは10年落ちでも下取り価格なども優秀なモデルだと言えます。

 

仕事で利用する車は、比較的リセールバリューは高く、軽トラは、まさしく仕事で活躍する車で、しかも軽自動車ということで諸経費面でも中古車として人気があることなどからも、年式を問わずにリセールバリューは高くなる傾向にあります。

 

軽トラは、中古車でも売れやすく、3年後、5年後、10年後のリセールバリュー、残価率は少し高めだと言えます。