軽トラの廃車書類と費用

軽トラックの廃車方法は、普通車とは違い軽自動車の廃車方法と一緒です。

 

軽トラを廃車する際の必要書類は、

・自動車検査証
・自賠責保険証
・リサイクル券
・認印(シャチハタ不可)
・身分証明書
・委任状(自分でしない場合)

 

以上の書類が軽トラを廃車にするのに必要です。

 

次に軽トラの廃車に必要な費用ですが、大まかに言うと、完全に抹消する際には、軽トラを解体業者に持ち込み使用済自動車承諾書などが必要になります。

 

そのためには、軽トラを解体業者まで運ぶレッカー費用、解体業者に引き取りしてもらう費用が必要になります。
この金額は、レッカーする距離などでも違ってきますし、解体業者の引き取り費用も業者によって違ってきます。

 

次に古い軽トラの場合、リサイクル券の支払っていなければ廃車する際に支払いが生じます。6000円〜です。

 

自分でする場合は、代行費用などは必要ないので書類などの費用はほとんどかかりません。

 

上記の軽トラの廃車に必要な費用は、おおよそで3万円〜4万円程度かかると思われます。

 

軽トラを廃車にするにもそこそこ費用が必要ですね!

軽トラの廃車で費用を抑える方法

軽トラの廃車を自分で行う場合、上記で記載した手続き書類や廃車費用が掛かりますが、これを節約、手間を無くす方法があります。

 

軽トラは、ボロボロや古い軽トラでも買取や無料で引き取りしてくれる業者があります。

 

軽トラの場合、意外とボロボロでも買取してもらえるケースが多くあります。

 

廃車にするような軽トラを買取してくれる!

 

ということは、自分で廃車する必要もなく、どこかにレッカーなどで運ぶ費用もなくなるということですよね!

 

軽トラを廃車する費用が、3万円程度を上記で記載していますが、これを節約できる方法ですね!

 

 

そうです。

 

軽トラの廃車は、お金、手間を掛けずに可能です。

 

しかも、上手くいけば、買取してもらえることも多いのが軽トラです。

 

軽トラックの廃車をお考えの方、自分で廃車にすれば安く済むと思っているのではないでしょうか?

 

これは、多分間違いです。

 

軽自動車は、比較的、廃車手続きが簡単ですので、自分で済ませる方もいますが、はっきり言って軽自動車、軽トラの廃車は自分でしてはいけません。

 

まずは、軽トラの場合、

 

車買取一括査定サイトで買取してくれる業者を探してみましょう!

 

これは簡単です、廃車にする軽トラの情報を入力して送信すれば、買取に興味のある業者があれば連絡が来るでしょう!

 

もし、連絡が1件もなければ次に段階に進みます。

 

廃車買取業者への連絡です。廃車にするような車でも買取や最低でも無料の引き取りをしてくれます。

 

こちらもネットから簡単に廃車買取サイトへアクセスできますので下記に紹介しておきます。

 


軽トラの廃車 まとめ

軽トラの廃車は、自分で手続きすることもそれほど難しくはありません。

 

普通車などの廃車に比べて簡単に出来ますし、軽自動車検査協会で出来ます。

 

ただ、自分で軽トラの廃車をした場合、金銭的にも手間もかかることがほとんどです。

 

軽トラは、ボロボロでも年式が古くても需要があることが多く、買取してもらえることも多くあります。

 

もし、ボロボロの軽トラが自宅や実家に放置したままで、処分に困っている場合、廃車として処分する前に、買取先を探しましょう!

 

その際に利用するのが、ネットで簡単に査定が可能で無料で利用できる車買取一括査定サイトです。

 

車買取一括査定サイトに登録して問い合わせ、買取手が見つからない場合は、廃車買取サイトに連絡しましょう!

 

当サイトで紹介している廃車買取サイトなら最低でも無料の引き取りで廃車手続きなども無料で代行してくれるので、余分な費用を掛けずに軽トラの廃車が可能です。